おへんろ~四国88ヶ所めぐり~

四国にある88か所の弘法大師(空海)ゆかりの札所のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。
↓  ↓  ↓  
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。

札所で何をするのか?

遍路(巡礼者)は札所に到着すると、ある程度決められた手順(宗派によって多少異なる)に従い、

本堂と大師堂に参り、般若心経など決められた読経を行い、その証として納札(後述)を納め、

納経所(のうきょうじょ)で寺の名前や本尊の名前、本尊をあらわす梵字などを

墨書し納経印を押したのものを納経帳(のうきょうちょう)に受領することができます。

この墨書し納経印を押したものは朱印、(御)宝印とも呼ばれ寺の本尊を写したもので

大切に扱わなければならないとされています。

ですので、家宝にされる方もいらっしゃいます。

宝印は納経帳以外にも掛け軸、白衣にも受領できます。

宝印めあてに急ぎ巡る遍路は判取り遍路(はんとりへんろ)

またはスタンプラリーと揶揄されることもあります。

八十八カ所すべてを廻りきると「結願(けちがん)(結願成就)」となり、

その後、高野山(奥の院)に詣でて「満願成就」とします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。
↓  ↓  ↓  
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。