おへんろ~四国88ヶ所めぐり~

四国にある88か所の弘法大師(空海)ゆかりの札所のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。
↓  ↓  ↓  
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。

最低限揃えておく物

白衣

笈摺(おいずる)とも呼ばれ、巡礼者が着なければならないとされる白い着衣。

四国八十八箇所の寺院や門前の店で購入すると「南無大師遍照金剛」と背中に書かれたものが一般的。

袖があるのもを白衣、袖無しのものを笈摺とする説明もありますが、

はっきりと区別されているわけではありません。

宝印を受領するためだけの実際には着衣しない白衣は判衣とも呼ばれます。

巡礼の途中でいつ行き倒れてもいいように死装束としてとらえる説もあれば、

巡礼といえども修行中なので清浄な着衣として白を身につける、

どんな身分でも仏の前では平等なのでみな白衣を着るとする説もあります。


金剛杖

木製の杖で空海が修行中に持っていた杖に由来。

巡礼者が持つ金剛杖は弘法大師の化身ともいわれるほどで、

宿に着いたら杖の足先を清水で真っ先に洗い、

部屋では上座や床の間に置くなどの扱いをするのがならわし。

巡礼中、行き倒れた巡礼者の卒塔婆として使用されたといわれています。

市販されているものは「同行二人」「南無大師遍照金剛」や梵字が書かれ、

般若心経が書かれているものもあり、杖の上部の細工は塔頭を模しています。

橋の上ではついてはならない(現在の愛媛県大洲市付近で空海が一宿を求めたが

どの家からも断られ、仕方なく橋の下で寝ることとなった。

寒さと旅人が杖で橋を突く音でまったく眠れず、一夜が十夜にも感じられた、

という和歌が残っている。このため巡礼者は橋の下には空海がいるかもしれないから

橋をわたるときは杖を突いてはならないというならわしがある)。


納札

札所などにお参りし、納経した証に収める札。

般若心経を写経したものを納めるのが正式とされているが、

読経したのちに自分の名前を書いた納札を納めても良い。

衛門三郎が自分が空海を探しているということを空海に知らせるために

(空海が立ち寄ると思われる)寺にお札を打ちつけたのが始まりとされています。

かつては木製や金属製の納札を山門や本堂の柱などに釘で打ちつけていました。

このことから、遍路自体や、札所に参拝したことを「打つ」ともいいます。

現在では、お寺の建築物の損傷を避け、持ち運びの利便性を考え、

紙製の納札を納札箱に入れることなっています。

また、接待をしてもらったら、その人にお礼の気持ちも込めて納札を渡すのが決まりです。

結願した回数によってお札の色を変えてもよい。

1~4回が白、5~7回が緑、8~24回が赤、25回以上で銀、50回以上で金、

そして100回以上で錦の札となります。

ただし、白より錦の札がより良いとされるわけではありません。

100回以上回っても白の納札を使う人もいます。


納経帳(のうきょうちょう)

ある程度決められた手順(宗派によって多少異なる)に従い、

本堂と大師堂に参り、般若心経など決められた読経を行い、

その証として納札(後述)を納め、

納経所(のうきょうじょ)で寺の名前や本尊の名前、本尊をあらわす梵字などを

墨書し納経印を押してもらうもの。



あとは、各自必要だと思われるものを用意しましょう。
スポンサーサイト

スポンサードリンク
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。
↓  ↓  ↓  
おへんろ~四国88ヶ所めぐり~応援の為にポチッとお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。